面接に臨む気持ち

 面接の日が近づくにつれて、プレッシャーに押しつぶされそうなくらいに鬱屈した気持ちになる方がいるでしょう。何が何でも面接で上手く自己アピールができるように最善を尽くしていこうという気持ちが強いほどに、面接で失敗が許されないという重圧を背負うことになるのは無理もないことです。採用されたいと考えている求職者においても、看護の仕事に賭ける想いや情熱などを面接官に上手く伝えられるかによって、看護師として働くことが許されると言っても過言ではないと思うのです。
 看護師国家試験に合格した方の中には、面接さえ乗り越えることができれば病院に入職できるのだという確信を抱いていることでしょう。一方で、コミュニケーションを取ることが苦手なため、面接官に自分の気持ちをイメージ通りに伝えられないという懸念を抱いている方がいるのは致し方ないことです。人によっては面接を登竜門だと捉えていても不思議ではないと思い、看護の社会に向けて羽ばたいていこうとする心意気を持つことが、面接を乗り切る上でのひとつのポイントとなるのではないでしょうか。病院で劇的なスタートを切るために面接に臨む上で必要となる、面接官からの看護に関する質問に対して相応しい答えの引き出しを可能な限り増やしていくことが重要になってくると思うのです。面接官に好感の持てる効果的な答え方を自分の頭の中に叩き込んでおくことで、質問に対する余裕のある返答が可能となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です